意外と違う!?一人暮らしに向き物件のワンルームと1K

ワンルームと1K、基本的に何が違うの?

学生や新入社員など、一人暮らしを始める人に向いている物件と言えばワンルームや1Kという間取りの賃貸物件ですが、はじめて部屋を借りる人にとっては何が違うのかよく分からないのではないでしょうか。基本的な違いを説明すると、ワンルームは、キッチンと居室の「区切りがない物件」のことで、1Kは、その「区切りがある物件」のことを指します。そして一般的には、ワンルームより1Kのほうが、2平米ほど面積が広い造りになっているという違いがあります。

ワンルームと1K、それぞれの特徴

まずワンルームは、キッチンと居室の仕切りが無い分、広々とした印象がある物件だと言えるでしょう。玄関のドアを開けると部屋が見えるというのが特徴です。「あまりキッチンを使わない」とか「部屋を広く使いたい」といった人に向いていると言えます。一方の1Kは、キッチンと居室の仕切りが設けられているため、生活のメリハリをつけることができるというのが特徴で、「日常的に料理をする」人や「キッチンの臭いが気になる」人などに向いていると言えるでしょう。

一人暮らしタイプの部屋を選ぶときのポイント

ワンルームや1Kなどの一人暮らしタイプの部屋は、あまり広くないというのが基本的な特徴です。そのため、収納スペースが有るか無いかということを確かめることが重要でしょう。同じ6畳間の居室でも、十分な収納スペースがない場合は、荷物を部屋の中に置かなければならないという状況にもなりかねません。さらに、キッチンの横に冷蔵庫が置けるスペースがあるかどうかを正確に測っておく必要があります。もし数センチ違いでキッチンに置けない場合は、居室スペースに置かなければならないということもあるからです。

江別市の賃貸に関する問い合わせが増えています。なぜなら、仲介手数料無料などお得な物件がありますし、件数が多いので選択肢が豊富だからです。