マンション購入には必須!住宅ローンの種類と組み方

マンションの購入資金の確保

マンション購入とは切っても切れないのが住宅ローンです。マンションの購入は、一生のうちの最大の買い物になる人も多く多額の資金を必要とします。頭金を貯めて親族等から贈与を受けたとしても不足するのが一般的で、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになるでしょう。住宅ローンは、その人の信用と将来の収入を見ますが、収入が多いということより継続的に入ってくることを重視すると言われています。その収入に対する返済率で融資額が決まるのが普通ですので、購入物件はローンの融資額に左右されることになるでしょう。

住宅ローンには様々な種類がある

住宅ローンといってもいろいろな種類があります。フラット35やフラット50といった住宅金融支援機構と民間金融機関が連携してやっている商品もありますし、各金融機関がそれぞれ住宅ローンを商品化しています。また、会社員であれば財形でも住宅融資を受けることが可能ですし、勤務先によっては会社が住宅融資をしてくれるケースもあります。さらに、自治体によっては、住民増加を狙って低利で住宅貸付を行っているところもありますので、情報をしっかり集め有利な住宅ローンを組む検討をするといいでしょう。

住宅ローンと金利のタイプ

住宅ローンには、大きく分けると、返済期間中融資実行時に決まった金利水準がずっと変わらない固定金利と呼ばれるタイプと、半年ごとに金利が見直され5年毎に返済金額が変更される変動金利タイプがあります。固定金利は長期国債金利が参照値になっていて、これにプレミアムを乗せることで各金融機関が金利水準を決めていますが、変動金利は短期金利に連動するため固定金利よりは変動金利の方が低い利率になっています。それでも、変動金利の場合は将来的に上昇する可能性がある点をよく理解しておくべきでしょう。

函館のマンションには駅から近く利便性の高い物件が数多く存在しており、お手頃な価格から高級のものまで種類も様々です。