賃貸住宅の情報の仕方にはいろいろなものがある

一般媒介による情報とは

ネットなどで賃貸物件の情報を見ていると、備考欄に一般媒介とか、専任媒介などといった表示がされているのを見たことがありませんか。これは情報の公開の仕方のひとつで、一般媒介というのは物件の持ち主が1社の不動産会社だけでなく、2社、3社と複数の不動産会社と契約を結んでいる場合に見られる表示です。一般媒介の場合、たくさんの不動産会社に表示してもらうことによって、できるだけ早く入居者を得たいという大家さんの希望が透けて見れるのです。そのため、交渉によっては良い条件が獲得しやすい物件が多かったりもします。

専任媒介という宣伝方法

専任媒介の場合は、複数の不動産会社に物件の仲介を頼むのではなく、一社だけに依頼するというタイプの不動産仲介の態様を言います。こうした専任媒介の仲介様式の場合、不動産会社と大家さんとの信頼関係も強く、また他社には仲介を依頼していないために、不動産会社の方も熱意をもって紹介をしてくれたりします。こういう物件は、大家さんが自分の物件に自信がある場合が多く、つまり条件のそろった人気の物件が多い傾向にあります。

代理や貸主と書かれている場合は?

物件の中には、物件情報の備考欄に代理とか貸主とか書かれている場合もあります。こういう場合はどういうことを意味しているのでしょうか。代理というのは、文字通り大家さんを代理して紹介しているということであり、物件の紹介から賃貸契約に至るまで、すべてを不動産会社が代理でやるという意味です。貸主というのは、そもそも大家さんというものが別に存在せず、不動産会社自体が物件の所有者であるという場合です。なので、こういう物件は、不動産会社が直接交渉などを聞いてくれるので、交渉しやすいということがあるのです。

帯広の賃貸マンションは、雪に強いというメリットがあります。マンションは基本雪下ろしの必要がないので楽です。