賃貸物件から引っ越す!退去時に気を付けたい事

引越しを考えた時にまず何をすべきか

賃貸物件は自分が好きな時に引っ越せる点が魅力的です。一方引越しはある日決めて突然出て行けるものではありませんので、社会人としてのマナーを守って退去するようにしましょう。引越しを決意した場合、まず初めに行なう事になるのは次の住まい探しです。こちらは現在の家主に断る事なく自由に探せますので、不動産や賃貸サイトを使って自由な場所を選んでみましょう。一方住まいが決まって引っ越しの日程も見えてきた場合、現在暮らしている家の家主に連絡する必要があります。

次の住人の事を考えて動く

家主に退去の連絡をする場合、電話連絡だけでなく書類の提出が求められる事も多いものです。こうした取り決めは入居時に定められていますので、書類を見返してみましょう。また賃貸物件は自分が出て行った後に別の住人が入居します。これまで自分が受けていた公的なサービスは全て住所を変更するか解約しておきましょう。水道やインターネットなど生活する上で欠かせないサービスだけでなく、雑誌の定期購読などにも注意する必要があります。

退去時にお金を返してもらいたい場合

賃貸住宅に入居する場合、敷金と言うお金を家主に預けるのが一般的です。こうしたお金は貸借人が家賃を滞納した時や家を破損した時に使用されるのです。一方別段こうした問題が発生しない場合退去時に返金してもらえます。引越し作業が全て終った段階で家主立会いの下に部屋をチェックする事になりますが、この時不当な理由から修繕費用を請求されないように注意しましょう。生活する上で欠かせない自然な床のへこみなどは貸借人が修繕する必要のないものです。

森の賃貸マンションは、毎月の家賃を払えば誰でも気軽に暮らせますし、入居手続きも一戸建てより簡単に行うことができます。