雪国の賃貸住宅を借りる時のチェツクポイントーその3選

暖房対策と設備のチェツク

西日本で育った人が東北や北海道で初めて生活をすることになり、住宅を探すには間取り以上に、寒さの対策を優先して考える必要があります。一年のうち半年は雪との生活になるため、暖房対策が整った住宅を探す必要があります。10月にはストーブが必要になりますので、暖房器具が何であるかを最初に確認することです。その器具がどこに設置されており、暖まる部屋の数はどこまでなのかを知ることです。器具によっては、一つでは足りないこともあり、台所などは別に用意する必要があるのです。

除雪に対する対策チェツク

通勤のために駐車場付きの一戸建て住宅を借りる場合は、除雪のことを念頭に置いておくことです。ガレージが付いている場合は、道路までの距離がどのくらいあるかです。ここに積もる雪は自分で除雪しなければなりません。青空駐車場の場合は、車に積もった雪と周りに積み重なった雪を、どこに排雪するかです。そのために、庭が広めの住宅を借りるのがお薦めです。道路は行政が除雪してくれますが、敷地内は独自に排雪をしなければならないのです。

ドアーの開け閉めをして確認することです

住宅には各部屋にドアーがあります。これは玄関から開け閉めの確認をしておくことです。雪の積もっていない時期に部屋の現地確認をすることが多いので、雪の積もった時が分かりません。雪が屋根に積もってくると、最初に支障をきたすのはドアーになります。ドアーを閉めた時に、隙間が上下いずれからあるようであれば要注意となります。トイレのドアーなどは、特に念入りにチェックしておくことです。表立って見えない部分だけに、何度も確認しておく必要があります。

札幌市白石区の賃貸マンションは、強度から防犯性まで、抜群な賃貸マンションになっているので、安全な生活を送ることができます。